紅白餅/各900g  税込み
ひとつひとつ
手作りにてお届けします
紅白餅
お誕生餅は、子供が満1歳になったときに、1升(一生)のお餅を背負わせ生涯食べるのに困らないようにと祈った慣わしです。
特に男の子は、わざと転ばせました。それは、子供が早く家を出て行かないように、跡継ぎがいつまでも家に残るようにとの願いをこめていたからです。
一升の丸餅を子供の背中に背負わせます。
普通、風呂敷でお餅を包み、肩から脇に掛けてたすきがけで背負いますが、最近では小さなリュックサックに入れて背負わせることもあるようです。地方では子どもが餅を踏
んだり、背負って歩いて転ぶことを喜ぶ地域もあることから、踏み餅・立ち餅・転ばせ餅・転ばし餅・背負餅(しょいもち)しょわせ餅・力餅・タッタラ餅と数多くの名前があります。
選ばせる楽しみ
子供の前に、そろばんと筆と手まりをおいてどれに手を伸ばすかと(行く末)を楽しみました。今ならそろばんの代わりは電卓でしょう。
お届けするお餅は全て手作業で心をこめて作っております。
ひとつひとつ
手作りにてお届けします
紅白餅
ピンク色の風呂敷になります。
お子様が背負う際に
そのまま使っていただけます。
届いた誕生餅はやわらかいのでそのまま切る事が出来ます
ゆでる場合は、電子レンジを使用すると最も上手にゆでることができます。
大きめの耐熱容器(どんぶり等)にお餅がじゅうぶんつかるくらい多めの水に1~3個入れ(位置によりばらつきがでるので少ないほうが良い)、3~5分電子レンジで温めてください。お餅が浮き上がり2倍くらいに膨れ上がったら電子レンジを止めてください。お餅が元の大きさに戻ったらゆで上がりです。
お鍋でゆでる場合は、できるだけ大きなお鍋で多めのお湯に解凍したお餅を入れ、弱火でゆっくり時間をかけてゆでてください。(強火ですと、外側から溶け出すことがあります。ご注意ください。)
ゆでたお餅のゆで汁を捨て、だし汁をかけて各種トッピングするとお雑煮の出来上がり。
和風スープ・カレースープ・洋風スープなどいろいろなスープでいただけます。
ゆでたお餅をうどんに入れれば力うどんに、その他すき焼きなどの鍋物にもゆでたお餅を入れてください。(この方法ですとお出しがにごりません。)
砂糖きなこをまぶせばあべかわ餅になります。
小さなお子様やお年寄りには小さく切り分けてさしあげてください。
やけどにご注意ください。
杵つき餅は解凍してから焼いてください。
オーブントースター・ホットプレート・フライパン等でこんがり焼いてください。 直火の場合は、石綿つきもちあみをおすすめします。
焼きあがったら醤油(お好みにより砂糖醤油)を絡めて海苔を巻けば磯辺餅の出来上がり。
ひとつひとつ
手作りにてお届けします
紅白餅
Copyright © 2015 おもちの黒川